何故、11月3日は文化の日なのか?

おはようございます。

今日は火曜日ですけども祝日、文化の日の朝

国民の祝日に関する法律の
第2条には文化の日について
「自由と平和を愛し、文化をすすめる」
ということを趣旨としています

で、実は当たり前のように使っている
この「文化」というワードですが
そもそもこの「文化」って何なのか?

あらためて考えてみると実は
うまく説明が出来ない自分がいる(笑)

イギリスの文化人類学者で「文化人類学の父」
と呼ばれるエドワード・バーネット・タイラー
は「文化」とは次のように説明しています

社会の成員としての人間によって獲得された
 知識、信条、法、道徳、慣習や、他の色々な
 能力や気質を含む複雑な総体である

と、これが今日の文化の定義としているようです

ただ「・・・・複雑な総体」っていわれても
要するに何だよ、と突っ込みたくなる(笑)

もっと簡単に言うと

生活様式とか伝統的な行為
生きるのに不可欠ではないが生活に不可欠なもの

といった感じで理解すれば外さないかな

ちなみに日本語の「文化」という言葉は
坪内逍遥によるものとされているそうです

この11月3日は日本国憲法の公布された日で
ここから半年後の翌年5月3日に日本国憲法は
施行されて今では憲法記念日になっています

日本国憲法が平和と文化を重視していることから
後に施行された祝日法によってこの日が
文化の日」と定められたとされています

が、実はこの日は戦前は明治節として
明治天皇の誕生日による休日となっていました

文化の日は明治節とは関係なく定められた
ということになっているようですが当時の
国会答弁や憲法制定スケジュールの変遷を見ると
明治節に憲法公布の日を合わせたとも言われています

この日には当時の人々の色々な思いや
思惑みたいなものもあったんだなぁと感じます

まあ、何はともあれ今日は文化の日ということで
自由と平和を愛して文化をすすめる日

今日一日はそうした気持ちで過ごしてもいいかも

ということで今日も一にがんばって行きましょう!

「何故、11月3日は文化の日なのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください