3年先の稽古をする

おはようございます
今週も早かった金曜日の朝です
昨日はあれこれ細々とした作業に終始
申請書つくったり来客対応したり
電話での打合せがあったりの一日
夜には久しぶりに某会議に参加

さて以前にも触れたことのある話題ですが
実は5月14日って偶然にも2人の
歴史に残る大横綱が引退した日だそうです

1971年には第48代横綱大鵬
1991年には第58代横綱千代の富士

ともに昭和の名横綱といわれた2人です
大鵬はリアルには見てませんでしたが
現役時代に千代の富士は何度か生で
見たことありましたがあんなに
マジでカッコいい人いないなって印象でした

時代は常に変化していて
新しい力が既存の力を追い越していく
そうして時代は流れていくものです
2人の横綱はまさに自らで新しい時代をつくり
新しい力の台頭とともに土俵を去りました

——

いま強くなる稽古と
3年先に強くなるための稽古を
両方しなくてはいけません
〜千代の富士〜

——

3年先の稽古をする
5年、10年先のことを考えて辛抱すること
〜大鵬〜

——

この2人に共通していたのは
いま目の前にある仕事を
完璧にこなすことは当たり前で
未来のための努力も同時に
意識してやっていたことで
同じ言葉を残していたところ

私にとって3年先の稽古って何だろう
3年先にはどんな環境が実現してるのかなぁ
色々と準備していることもあるので
それをまずはきちんとやって行きたいです

さあ、あなたは3年先の稽古何をしてますか?

ということで
今日も一日頑張っていきましょう!

「3年先の稽古をする」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください