本物であるからこそ真似される

 

おはようございます
週の後半戦に突入の木曜日の朝です

昨日は午前中は事務所にて作業
来客1件対応ののちに茨城県南地域へ
クライアント先を3件ほど訪問して
打合せやら資料の預かりなど諸々
夕方になり事務所へ戻って作業

さて今から138年前の1883年8月19日は
ファッションブランド「シャネル」の創業者
ココ・シャネル氏が誕生した日だそうです

シャネルといえばあの有名ブランドで
まさに誰も知らない人はないと言っても
いいくらいの超有名ブランドです

私もそのブランドの中身や
他のブランドとの違いなど
まるでわかりませんが(笑)
その存在はよく知っています

シャネル好きな方をシャネラーと言ったり
まさにひとつの文化だと思います

そのブランドを作ったシャネル氏ですが
その生い立ちは波乱に満ちていたそうです

両親とは小さな時に別れて
孤児院や修道院で育ったそうです

18歳で孤児院を出た後に
歌手になりたいと夢見るも挫折
しかしその後退屈しのぎで作った
帽子のデザインが認められて
協力者の力も借りて帽子専門店を開業

そこから世の中に認められる
ブランドへと発展していったそうです

有名ブランド品というと
偽物やコピー商品が出回っていますが

———

Il n’y a pas de succès sans
copie ou sans imitation.
コピーやイミテーションのない成功はない

———

これはシャネル氏の言葉だそうです
「本物だから真似される」
と言って表現をされることもありますが
いずれにしろ良いものでなければ
真似されることってありませんよね

まさに他人が真似をするということは
それだけ素晴らしいという証拠です

シャネルのニセモノ、と言って時には
そのコピー品自体が価値が出たりします

せっかく頑張ってやっている事や
時間をかけて創り上げたものを
簡単に真似されるといい気持ちはしない
しかしながら真似されるのってそれだけ
評価してもらっていることでもある

真似されたら更にもっと上を目指して
簡単に真似出来ないくらいに
自分を磨いていく、そんな気持ちを
持ち続けて行ければ素晴らしいと思います

私といえば、どちらかと言うと
真似させてもらう方が多いですが(笑)
真似されるくらいになるように
なって行きたいと思います(笑)

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「本物であるからこそ真似される」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください