ちょっとしたアイデアで世界を変えることが出来る

 

おはようございます
暦では3連休の真ん中の日曜日の朝です
昨日は一日ずっと事務所で引き篭もりの作業
タラタラとですが色々と調べ物に終始
夜には毎週土曜日にやってるFBライブ
ご視聴頂いた方ありがとうございました😊

突破ですが
これはなんだかわかりますか?

:-(:-)

実はこれが、その後にあるものが
世界中に広がるきっかけになりました

何かと言うと、たとえば私達が
いまネット上で見かけるこれ

(`へ´)(^∨^)

そう、顔文字ですね

じつはこの顔文字を発明したのが
アメリカオハイオ州生まれの

スコットファールマンさん

だと言われています

今から39年前の1982年9月19日は
ファールマンさんが世界的初めて
顔文字を使用した日なんだそうです

言わば顔文字の誕生日なんですね

: コロン(欧文の句読点)
- ハイフン
) 括弧

実は使ったのはたったこの3つ

どのような経緯から作られたかは
定かではありませんが、今では
これがネットの歴史に残り
wikipediaにもその名は刻まれています

———

良かったのか悪かったのかわかりませんが
これは私が世界にあげた贈り物です

———

ファールマンさんは後に
このような言葉を残しています

人生はちょっとしたアイデアで
好転することがある
それは歴史を見れば明らかです

数多くのアイデアから出てきた発明は
色々な形で私達の暮らしを変えて来ました

しかし大事なのはアイデアや
発想力だけではありません

その思いついたことを
「実行する」
ことが最も重要なこと

確かに発想は大事だけれども
ただ思うだけだと単なる妄想で終わってしまう

如何に妄想を現実の行動に移して行けるかが
人生が変わるかということであり
世界中を変えるかということへの
大きな分かれ道となるんです

初めて飛行機を飛ばしたライト兄弟の行動が
その後の世界を変えました

当時は誰もが物体の塊が空を飛ぶなど
あり得ないと言っていたそうです

インターネット技術も最初は
技術的には不可能と言われていて
不可能だと証明する学術論文も
発表されていたそうです

新しいことを提案すると
そんなことは出来ないと
否定されることってよくあります

わざわざ会議まで開いてみんなで
時間を費やして出来ない理由を出し合って
話しあったけどやらない方がいいって
結論になったと言われることもよくある(笑)

人間は多くの場合
マイナス思考の回路を持つと
前例や経験のないことを
聞いたときに頭の中で
失敗へと上手に導くアイデアが
ひらめくようになり
自分で自分にストップを
かけるようになっていきます

失敗するということは成功に向けた経験値
まずはやってみること失敗を恐れずに
挑戦してみることから進歩や前進が始まる
人間や組織の成長ってそんなもんだと思います

最初の顔文字から今ではは無数の顔文字
色々なところで創り続けられるいます
さあ、あなたはどんな絵文字が好きですか?

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「ちょっとしたアイデアで世界を変えることが出来る」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください