大河ドラマ「青天を衝け」第27話

 

おはようございます
新しい1週間の始まりの月曜日の朝です
ただし今日は3連休の3日目の朝ですね

昨日は日曜日でしたが結局
事務所で普通に作業の一日でした
あれこれ調べモノなどしていたら
あっという間に一日が終わってしまいました(笑)

ネットニュースはほぼ自民党総裁選挙の話題
各報道番組でも4人の候補者が出演して
それぞれの主張を繰り広げています
これから先のわが国はどうなるのでしょうか

ということで大河ドラマ「青天を衝け」第27話

駿府藩の勘定組頭を命じられた栄一
一度は辞退するも慶喜の想いを知り命に従うことに
栄一はパリで学んだ知識を生かして商法会所を設立
今でいうところの株式会社といったやり方で
駿府藩の財政改革へと動き出していきます
函館では成一郎や土方らの抵抗も五稜郭が陥落
名実ともに幕末の動乱は終わりを告げました

ドラマのあらすじに関してはこちらへ→青天を衝け公式サイト

五稜郭の戦いは1868年から1869年にかけて
続いた戊辰戦争の局面のひとつで
新政府軍と旧幕府軍との間での最後の戦闘
歴史の教科書では函館戦争とも言われています

1868年4月の江戸城無血開城により
新政府が決定した徳川家への処置は
駿河遠江70万石への減封というもの
これにより約8万人といわれる幕臣は
当然行き場を失うこととなりますが
旧幕府軍の海軍副総裁であった榎本武揚
新天地として蝦夷地に旧幕臣を移住させ
独立国として新たに開拓することを計画

一旦は蝦夷地を平定した榎本軍箱館政権を樹立
政権のトップである総裁は選挙によって決められ
榎本武揚がその地位につき函館政権を樹立しました

がその統治体制も長くは続かず約半年足らずで
五稜郭は新政府軍の手に落ちることとなり
函館戦争は終結することとなりました

土方歳三ら戦闘派の幹部は討ち死にする一方で
旧幕軍の幹部の榎本武揚らは捕縛投獄されます

しかし榎本武揚福沢諭吉らの除名嘆願もあり
赦免され、その後は新政府に仕えることとなり
駐露特命全権公使逓信大臣外務大臣などの
明治政府の要職を歴任することとなります

最後まで新政府に徹底抗戦をしてた中心人物が
赦免されて全権大使大臣になってしまうという
なかなか理解しづらい展開ではありますが
こういう展開も明治維新の特徴の一つ

ーーーー

学びてのち足らざるを知る

ーーーー

この言葉は榎本武揚の言葉として
知られているものです

ここまででドラマには榎本武揚
出てきませんでしたが色々と調べる限り
栄一との接点はなさそうなので、今後も
榎本武揚が登場することはなさそうかなあ

という訳で
今日も一日がんばって行きましょう

「大河ドラマ「青天を衝け」第27話」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください