【考察】大河ドラマ「青天を衝け」第39話

おはようございます

新しい一週間の始まりの月曜日の朝
思えば今年も残すところあと19日ですね

昨日は一日中事務所でずっと作業
提出書類を3件仕上げてレターパックで投函
それと入管の申請書作成や諸々の書類作成と
先週の研修内容の確認など諸々の作業

日曜日ということで大河ドラマ「青天を衝け」第39話

栄一は喜作と惇忠とともに慶喜に拝謁
慶喜のねぎらいの言葉に惇忠らは涙する
栄一はホワイトハウスでルーズベルト大統領と会談
清国に勝利するも今だ経済への評価が低いことを痛感
日清日露と大きな戦争という局面にたたされる中
不本意ながら財界代表として政府に協力する栄一は
公債購入の呼びかけのための演説をする
しかしそんな中演説の直後に倒れてしまう
栄一の見舞いに訪れた慶喜は断っていた
伝記の編纂に対する協力を申出る

ドラマのあらすじに関してはこちらへ→青天を衝け公式サイト

渋沢栄一らによって編纂された慶喜の伝記は
大正7年『徳川慶喜公伝』として刊行されました

栄一が慶喜についての伝記編さんを
最初に思いたったのは明治26年頃のこと
倒幕をもたらした最後の将軍として
その評価は決して高くなかった慶喜に対して
むしろ慶喜のその決断こそが無用な戦いをせずに
新しい日本の礎となったとの思いもあり
明治維新時における旧主慶喜の真意を
正しく後世に伝えたいという栄一の
熱い思いによるものといわれています

当初の編纂と執筆は福地源一郎に依頼しましたが
福地が多忙を極めさらに病気のため一時中断
後に明治40年に歴史学者の三上参次、萩野由之らを
監修者として編纂作業が再開されたと言われています
刊行されたのは作業開始から25年後のことでした

編纂作業は、当初深川福住町の渋沢栄一邸で行われ
後に兜町の栄一の事務所で行われたようです
編纂終了後は関係書類や編纂に使用した資料は
当初はそこで保管されていたようですが

しかしそれらの収集した史料参考文献原稿などは
大正12年の関東大震災によりそのほとんどが
失われてしまったようです

大河ドラマ「青天を衝け」もあと2回の放送
次回は15分拡大版で放送されるようです

という訳で
今日も一日がんばって行きましょう!

「【考察】大河ドラマ「青天を衝け」第39話」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください