なぜクリスマスイヴにフライドチキンを食べるのか?

 

おはようございます
今週もラストの金曜日の朝です

昨日は朝一で事務所で準備をしてから
水戸の茨城県庁へ向かい建設業の経営事項審査
3社分の審査でしたが会場では同業者にも遭遇
それから県庁内で別の部署で許可証を受領
水戸市内でもう1件クライアント先で打合せ
事務所に一旦戻ってからクライアント先2件打合せ
暗くなってから事務所にもどり諸々の作業

さて世間では今日はクリスマスイヴ
私はクリスチャンではないので
ほぼ関係ないしここ数年は特に変化のない一日
まぁ、正月と同じような行事ということで
ケーキとチキンを食べる日ということで
小さい頃からクリスマスイヴを過ごしてました

クリスマスイブというと何となくこの
ケーキとチキンというイメージなんですが
なぜチキンなのかというと実はこれは
ある方の仕掛けによる成果なんだとか

以下、何年か前にみたある記事から
私がここで触れた内容を再掲

****

クリスマスイヴになると色々と
季節的に需要が増えるものがありますが
ケンタッキーフライドチキンもその一つ

実はクリスマスにフライドチキンって
なんの根拠もない偶然と成り行きで
始まった習慣なんだそうです

以下一部抜粋

——

1970年、ケンタッキーフライドチキン(KFC)
1号店がオープン。
当時の店長、大河原毅氏は売り上げに苦戦していた。

当時、日本ではクリスマス
メジャーなイベントではなかった。
そもそもクリスチャンは日本の人口の
わずか2%にも満たない。

ある時、店の近くのミッション系の幼稚園から、
クリスマスフライドチキンを買って
パーティーをしたいのでサンタ役を
務めてくれないかと打診された。

同氏は快諾。
サンタクロースに扮装して、フライドチキン
バーレルを抱えて教室内を踊り歩いた

パーティーは大盛況。すぐに別の幼稚園からも
フライドチキンを楽しみながらの
クリスマスパーティーを依頼された。

大河原氏はこのアイデアに乗った。
店の前に立つカーネル・サンダースの人形に
サンタクロースの格好をさせ、
フライドチキンをアメリカの七面鳥の
ディナーの代わりとしてアピールした。

このKFCの取り組みはニュースになった。
大河原氏はNHKに、フライドチキンは本当に
西洋のクリスマスの習慣として
一般的なのかとインタビューされた。

これが嘘をついた瞬間と大河原氏は語った。

チキンではなく、七面鳥を食べていることは
知っていました。しかし、『はい』と答えました。
嘘をついたのです

以上記事から引用
———

これが実はクリスマスフライドチキン
というキャンペーンのきっかけ

嘘がいいか悪いかという議論は置いといて
この時の判断が日本人の新しい文化に
影響を与えたということには間違いありません

クリスマスの時のケンタッキーのCMは
CMソングの素晴らしさもあって
私は結構、好きなCMです

今では予約してないとクリスマス
ケンタッキー買えないですよね

****

文化とか習慣なんていうものもこんな
側面があったりするのかもしれません

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「なぜクリスマスイヴにフライドチキンを食べるのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください