マイナスのマインドから解放されるための3つのツールとは

おはようございます
週の2日目の火曜日の朝です
昨日は朝一から関東地方某所にて打合せ
そこから現地調査を2件ほど行い
夕方になって事務所にもどり作業
その間には来客対応を1件

さて、突然ですが
激しい疲労感を感じた時
思いっきり凹んでしまった時
高い壁にぶつかって行き詰った時
そんな時ってよくあるかもしれません
でそういう状況になってしまって
そんないわゆるマイナスのマインドに
なってしまったときにどうしてますか?

飲んで食べて憂さ晴らし
友人知人と愚痴りあい
趣味に没頭する、遊びに行く

そんな風にしてリフレッシュっていうのも
まあ、ありなのかもしれません
ただ、それで本当に本質的な問題は
解決しますか?解決したことありますか?

私は全く解決したことがないし
解決につながったこともない
いやむしろ気がかりが頭からはなれなくて
何をやっていてもずっと没頭できません

そんな行動をとること自体は否定しません
しかし、一時的な憂さ晴らしをしても
実はただの一瞬の現実逃避であって
本当の解決にはならないものだし
逃避したって現実はすぐに戻ってきます

一概にマイナスマインドといっても
体力的な疲労、精神的な悩み、その他諸々
いろいろなパターンがあるので
その内容によって考え方は違うけれども

それらを克服するとか解決する方法って
私は究極的には次の3つしかないと思う

睡眠
達成感
笑顔

疲れた時にはとにかく眠ることです
きちんとした睡眠が疲労感をなくす

しかし悩みがあると眠れないんだよ、、、

結局、悩みはその悩みを克服するとか
原因となっている問題を乗り越えること
やり遂げたときの達成感を感じて初めて
本当の意味での解決になるんです

しかし解決できないから凹むんだよ、、、

そこを乗り越えるためのエネルギー
それはあなたにとってのあの人
家族、恋人、大切な人、守りたい人
あなたにとっての笑顔を見たいあの人

複数でも架空でも何でもいいんです
あなたが一番安らげるあの人の笑顔
それを頭のどこか、気持ちのどこかに
いつも持つことが大切なのかもしれません

大きな壁に当たってしまったときには
その壁自体を乗り越えることか
その壁を溶かしてしまうくらいの癒しを得る

ということを6年前にここで投稿してました
改めて読み返してみて成長しているようで
していないようで微妙な気持ちです(笑)

さてそろそろ卒業シーズンですが
自分はまだまだ何からも卒業できそうもない(笑)

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

—————————–

経済産業省事業復活支援金案内ページ
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/

事業復活支援金事務局ページ
https://jigyou-fukkatsu.go.jp/

事業復活支援金の詳細について
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/pdf/summary.pdf

「マイナスのマインドから解放されるための3つのツールとは」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください