【考察】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第14回

おはようございます
新しい1週間の始まりの月曜日の朝です

昨日は地元で終日あるイベントがあり
途中何度か参加し、それ以外は事務所で作業

さて大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第14回

八重に思いが通じ幸せな生活が始まる義時
一方都では木曽義仲が平家を撃退して上洛
しかし都の空気と合わない義仲は
後白河法皇との関係が悪化して行く
義経が義仲追討軍として派兵されるが
鎌倉では御家人たちが頼朝に不満を募らせ‥‥‥

ドラマのあらすじに関してはこちらへ→鎌倉殿の13人公式サイト

ドラマでは残念な描かれ方の源(木曽)義仲
義仲の父は源義賢義賢源為義の次男
義賢は京で官職にもあり本来であれば
清和源氏の嫡流を継承する立場であったが
為義によって廃嫡され後に不遇な最後を遂げます

義賢の次男であった駒王丸は信濃木曾谷へ預けられ
そののちに源(木曽)義仲となり信濃を治めました

頼朝の父義朝源為義の長男であったが
保元の乱では父為義とは敵方となり勝利するも
平治の乱で平清盛に敗れ不遇の最期を
遂げたことは以前に何度か触れたところです

ということで、頼朝義仲は共に祖父が源為義となり
父が兄弟の従兄弟同士ということで系図からいって
双方が源氏の棟梁を主張するのもあり得る話です

義仲といえば歴史の教科書では
旭将軍とも呼ばれていた記述がありましたが
三日天下の語源は義仲とも言われていて
歴史的には大変残念なキャラと言えます

行家が訪ねてさえ来なければ
あのまま信濃で田舎侍として
気ままに暮らしていたのかもと思うと
そのままにしてあげたかったという
気持ちになってしまうのは自分だかなぁ(笑)

ドラマでは後白河法皇にいいように利用されて
ハシゴを外された感満載で同情を誘うキャラ
嫡男の義高共々今後はどんな風な
描かれかたがされてしまうのでしょうか

という訳で
今日も一日頑張って行きましょう!

—————————–

経済産業省事業復活支援金案内ページ
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/

事業復活支援金事務局ページ
https://jigyou-fukkatsu.go.jp/

事業復活支援金の詳細について
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/pdf/summary.pdf

「【考察】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第14回」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください