アメリカ大陸に石をぶつける方法

おはようございます
今日からゴールデンウィーク中盤
祝日3日連続の初日の火曜日の朝

昨日は午前中は所用をすませてから
千葉市内の入管出張所で在留変更申請
待ち時間が5時間近くありその間に
証明書類の取得など所用を2件
夕方に事務所へ戻り書類作成など作業

今日は憲法記念日ということで
おそらくそれに因んだイベント等も
どっかで開催されるんでしょうけど
あえて憲法に関係ない話題(笑)

もしも「月に石をぶつけてください」と
クライアントから依頼があったとしたら
そんな依頼に対してどう対処しますか?
どんなに遠投の得意な人でも
月まで届くくらいまで遠くに
石を投げられるひとはいません
つまり絶対に無理だといえるでしょう
まぁ、何年後かに月に普通の人が
行けるようになるかもしれませんが
今の時点では間違いなく不可能です

では「アメリカ大陸に石をぶつける
という依頼ならばどうでしょうか?

ちょっと考えてみてください

あなたはどう考えますか?

私ならば次のように考えます
飛行機とか船舶でアメリカに行きます
アメリカに着いたら石を落とす
そうやってアメリカ大陸に石をぶつける

あとは時間と費用の問題ですね
いかに少ない労力とコストで実現するかです

この二つの事例はまた違う見方もあります

なぜ月に石をぶつけたいのか?
なぜアメリカ大陸に石をぶつけたいのか?

そこにはなんらかの課題があって
その課題解決のために月やアメリカ大陸に
石をぶつけたいとクライアントが考えていたら

石をぶつける以外に課題を解決する手段が
ないのかどうか、違う角度から検討する
もしもっと実現可能な方法で
クライアントが抱える課題を解決することが
出来るのであればそちらを提案して
実現をするということもありですよね

頼まれごとは試されごと、と言われます

誰かに何かを頼まれる時には
大体の場合はあなたにその頼みごとを
解決することが可能であると
評価をされているからなんです

あとはの期待に応えることが出来るか?
そのときに期待に対してどう対処するか?

それがあなたのスキル向上になり
なによりも信用や評価に繋がっていく

というように思えるあなたにはきっと
たくさんの可能性があるはずです

そんな可能性のある自分であるために
やるべき課題はまだまだたくさんあるなぁ

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

—————————–

経済産業省事業復活支援金案内ページ
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/

事業復活支援金事務局ページ
https://jigyou-fukkatsu.go.jp/

事業復活支援金の詳細について
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/pdf/summary.pdf

「アメリカ大陸に石をぶつける方法」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください