言葉は心の使いである

おはようございます
週の真ん中水曜日の朝です

昨日は午前中は事務所で申請書類の作成
それから隣県の某所まで申請書類の提出
併せて証明書類の取得など
夕方に事務所に戻り諸々の作業

今日は歴史のマニアックな話題
今から451年前の1571年7月6日は
中国地方の覇者毛利元就が没した日です

1497年安芸の国人領主毛利弘元の次男として生まれ
大内氏と尼子氏という当時の大大名に囲まれた
小国の領主であった毛利家は謀略を尽くし
中国地方の覇者へと飛躍的な拡大をしました

以下、毛利元就の言葉

———

道を歩いてつまづくのはありがちなことだ。
少しも気にすることはない。

この矢一本なれば、最も折りやすし。
しかれども一つに束ぬれば、折り難し。
汝ら、これに鑑みて、一和同心すべし。
必ず背くなかれ。

友を得て なおぞ嬉しき桜花 
昨日にかはる 今日のいろ香は。

言葉は心の使いである。言葉によって、
その人が善か悪か、才能があるかないか、
剛勇か臆病か、利口か愚かか、遅いか速いか、
正直か正直でないか、そうしたことが
すぐに分かるものだ。

一芸もいらず、能もいらず、遊もいらず、
履歴もいらない。ただ日夜ともに武略、
調略の工夫をすることこそ肝要である。

一年の計は春にあり、一月の計は朔にあり、
一日の計は鶏鳴にあり。

謀多きは勝ち、少なきは負ける

———

大河ドラマ「毛利元就」は今でも
改めて見てみたい作品のひとつですね

参議院選挙投票日まではあと4日です
投票にはきちんといきましょう

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「言葉は心の使いである」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください