【考察】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第27回

おはようございます
新しい1週間の始まりの月曜日の朝です

昨日は3連休の真ん中の日曜日でしたが
一日中ずっと事務所で引き篭もりで作業

先週は開票速報のため放送はなしでしたが
昨日は大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第27回

京で頼朝の死を知らされ思案する後鳥羽上皇
一方、鎌倉では宿老たちが思惑を抱える中
新たに鎌倉殿となった源頼家が自身の方針を表明
その様子を政子に報告した義時は頼家のもとに
北条時連と頼時を送り出し支えようとするが
御家人たちは主導権を握ろうとそれぞれの思惑で動く

ドラマのあらすじに関してはこちらへ→鎌倉殿の13人公式サイト

なんとか自らの力で鎌倉を動かそうと
奮闘する頼家は若手の御家人を集めて
体制の充実を図ろうとしますがその中で
京で朝廷や公家と相対するときの嗜みとして
必要なスキルの修得として習っていたのが

蹴鞠(しゅうきく/けまり)」

蹴鞠とは日本の平安時代に流行したもので
鎌倉から室町時代前期に芸道として完成
現代まで続く球技の一つといわれています

サッカーのリフティングと似ていますが
2枚の鹿革を馬革で縫い合わせて作る鞠を
身長の2.5倍くらいの高さで蹴り続けて
その回数を追求する球技だそうです

蹴鞠の始まりは4000年近く前の中国で
当時の「殷」と言われた時代の記録には
雨乞いの儀式として行われていたようです

日本には600年代に入り仏教などと共に
中国より日本へ渡来したとされるようですが

私が初めて蹴鞠という言葉を知ったのは
中大兄皇子が法興寺で行った蹴鞠の会の折に
鞠を打った皇子が落とした履を中臣鎌足が
拾ったことをきっかけに親しくなり
これがきっかけで大化の改新に繋がった
という歴史の教科書にでてきたくだり

多分ほとんどの方はこのくだりで
蹴鞠という存在を知るんじゃないかなぁ(^^)

蹴鞠は室町時代になると将軍の足利義満や義政が
盛んに行ったこともあり武家の嗜みとなったようです

蹴鞠の正式なルールは団体競技としては
四隅を囲った一辺が13メートル程の
平坦な砂の撒かれた地面で行われ
その四隅に桜・柳・楓・松が1本ずつ
植えられた状態で行われるそうです
1チームは6人から8人で構成され
直径19センチ前後、重さ100〜110gで
サッカーボールより一回り小さい鞠を
「右脚で」「膝を曲げずに」「上半身は動かさず」
といった決められたフォームで交互にどれだけ
蹴り続けられるかというのを競うものだそうです

また個人競技としてのルールもあり、こちらは
一人でどれだけ多くけり続けられるかを
競うものなんだとか

今でも全国大会も開催されているようですね
調べてみるとまだまだ色々と
知らなかった世界があるようです
まぁさすがに近所のホームセンター等に
蹴鞠は売ってないだろうから
簡単には始められないかなぁ

今日は3連休の3日目ですが
新規感染者数も気になります
お気をつけてお過ごしください

という訳で
今日も一日頑張って行きましょう!

「【考察】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第27回」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください