【考察】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第42回

 

おはようございます
新しい1週間の始まりの月曜日の朝です

昨日もずっと事務所で作業
午前中には来客1名、午後からは来客1件
そのほかはひたすら申請書類作成
先週とおんなじような一日(笑)

で、昨日は日曜日だったので
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第42回

源実朝は後鳥羽上皇を手本として自らの手で
政治をつかさど決意を泰時に対して述べる
その一方では義時が、のえの勧めで
執権となることを決断する

ドラマのあらすじに関してはこちらへ
鎌倉殿の13人公式サイト

最終回まであとのこすところあと6回
ということもあり先週ネット上で
話題となっていたのがラストシーン

10月9日に放送の特番『ウラ話トークSP』で
三谷幸喜氏は主人公の最期についての発言で

大河ドラマとしてはあまりない主人公のラストシーン
小栗君頼むよ。僕すごい期待をしている

といったことが語られたことから
中々な義時のラストとなることが予想され
それがネット上で色々と考察が広がっています(笑)

義時の最後については
①脚気を患った病死という説
②近侍による暗殺という説
③後妻のよる毒殺という説
があると言われていますが衝撃度から言えば
③か②でしょうか、ちなみにもし
②だとすればその黒幕は誰かという事になります

もうひとつ三谷氏は『鎌倉殿の13人』の結末は
アガサ・クリスティを参考にしたと語っていることから

登場人物の全員から毒を盛られるといった予測や
語り手が実は犯人として登場するといった展開

などもネット上では語られているようですが
アガサ・クリスティ作品は読んだことがないので
作品をもっとよく知っていれば
いろいろと考察出来たんですが残念です
横溝正史だったら語れたんですが・・・・(笑)

推理小説っぽくするのであるならば
一番身近にいて一番怪しくなさそうな人物が
実は暗殺の黒幕だったというのが衝撃度は大きい
で義時亡き後に権力を握った人物といえば、、、、、

何はともあれ「鎌倉殿の13人」ラスト6回です

という訳で
今日も一日がんばって行きましょう!

「【考察】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第42回」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください