「ハーズバーグの動機づけ・衛生理論」って何?

アメリカの臨床心理学者である
フレデリック・ハーズバーグは
仕事の満足および不満足を
引き起こす要因について研究し
ある理論を確立させました

「ハーズバーグの動機づけ・衛生理論」

人が仕事に不満を感じる時は、その人の
関心は自分たちの作業環境に向いている
これを『衛生要因』といいます

対して、仕事に満足を感じる時はその人の
関心は仕事そのものに関連している
これを『動機づけ要因』といいます

『衛生要因』とは職場環境に関係
あると言われていて、例えば
・会社の方針と管理
・仕事上の対人関係
・給与や待遇など
この理論によるとこれらの項目が不足で
人は仕事に不満を感じるがそれぞれが
満たされたからといって仕事に
対する満足感につながらず
満たされてもまた要求が出てくる

不満の要因である「衛生要因」は
いくら取り除いても満たされないんだそうです

それに対して『動機づけ要因』は
仕事の内容に関連して代表的な項目は
・ 達成感
・ 承認
などの項目でこう言った項目で
満たされると人はその仕事に満足する
特徴的なことは欠けていても仕事に不満を感じるわけではない

満足の反対は不満足ではなく、
満足していないということ
同じように、不満の反対は、
不満ではないということなんです

不満と満足は対の関係ではない
だから不満を取り除いても
不満が無くなるだけであって
満足するわけではないということ

人に満足を与えるには
別に満足の方向にアプローチする
という必要があるということなんです

経営学や心理学では古典的な理論ですが
改めて見てみると奥が深いですね

色々と日常の中に当てはめることが
出来るかもしれません

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。