「自信がある人」と「自信がない人」は何が違うか?

スポンサードリンク

「自信がある人」
「自信がない人」
この二つの立ち位置の違いは
どこから来るのでしょうか?

人間、自信さえあれば
しっかりと行動して
多くの経験を積むことができる

でも、自信がない人は
初めからあきらめて
行動できない場合が多い

その自信のあるなしの違いって
一体どういうところから
生じて来るのでしょうか?

「失敗は成功の素」
「失敗は成功の母」

なんて言われてますが、
実は人の潜在的な意識って
そっちではないんじゃない?
人のほんとうの意識って

それは、

「失敗から、自信は生まれない」

っていうのが本当のとこだと思う

失敗って、カッコ悪いし、
モチベーションが下がるし、
凹むし、落ち込むし
二度と経験したくないと思うし
失敗をいい経験と認識できる人って
そんなに多くないですよね、実際

「また失敗した、ダメだった、自分には無理なんだ~」

って気持ちになってしまう

逆に人は何かの結果を出すと
その成功体験は次の大きな結果に
繋がっていくものだったりする

実はここをよく見てみること

どんな小さな成果でも
その成果って必ず次に繋がる

多分、全体的には失敗であることも
その中のどこかにはちょっとくらい
成果って呼べるところがあるはず

失敗のなかから、小さな成功を
見つけることを意識すること
その積み重ねが自信のきっかけに
なって行くんだと思う

運も実力のうちというけど
実はそれって正しくなくて
どこかに次につながる要素を
見つけようとするかどうか

100回失敗しても、自信はつかない

たった1回の成功でもその成功体験が
その後の大きな自信につながる

自信のあるなしの違いは
なんでもいいからまず1回目の
小さい成功をどこかに見出すこと
それを意識することが出来るか?

意識できれば結果として
自信に繋がっていく
そういうものだと思います

スポンサードリンク

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。