なんとなく、、モチベーションが下がった時の対処法(その2)

なんとなく特別な事情があった訳でもなく
いつのまにかやる気が無くなった

前回はそもそもモチベーション自体が
ホントだったのかの再確認の
ワークをご紹介しました

モチベーション自体がホントでないなら
目標は考え直しましょうということ

逆にそうでない場合の
モチベーションを上げるためのワーク
をご紹介させていただきます

〜〜〜〜〜〜

「同僚や同業種の知り合いと意見交換をする」

モチベーションが下がって
辛いのは自分だけでは無い
まわりも頑張っているから
自分も頑張ろう!といった
気分を変えるきっかけづくり
一緒に頑張ろう!といわれると、
嬉しいし、張りが出て来るかも

〜〜〜〜〜〜

「自分の成功のイメージする」

以前に別で出した例ですが
自分が成功したらこうなりたい!
や自分はこんな風に成功するんだ!
などの成功体験のイメージトレーニング
気分も上向いて来るはずです

〜〜〜〜〜〜

「マンネリ化を防ぐ工夫をする」

この手のモチベーション低下は結局は
「慣れ」や「マンネリ化」
からの緊張感がなくなることが原因
とすれば緊張感を保ち続けられる
マンネリ化を防ぐ工夫を
しなければいけません
自分自身に対して人参をぶら下げるか
ペナルティーを課すとか

〜〜〜〜〜〜

これらはあくまで一般的な例示
自分だけのマニアックな方法があれば
その方法を追求していきましょう

ひとりでも多くの人に
モチベーションを上げて
ワクワクの毎日を
過ごして欲しいですね

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。