強い信念はルールを超える

2016年4月22日、この日は
アメリカの歌手であったプリンスさんが
57歳の若さでこの世を去ってしまった日

この年の1月にはデヴィッド・ボウイさんが
亡くなったばかりでスーパースターが
立て続けに若くしてこの世を去ってしまっていたんですね

正直、プリンスさんの音楽性については
私にはよくわからなったんですねど
プリンスさんはインパクトがあり
強烈なメッセージは印象に残ってます

「誰ひとり、他人に何かを押し付けていい人なんていない」

ある偉い人の発言をきっかけに日本の社会も大きく動き始めてます
自分も年を取ってきて知らないうちに自分の言葉や行動が
周りに影響を与えている
そうであればなおさら自分の行動について
どう捉えられているのか意識して行動したい
なんとなくこの言葉を見て思いました

「強い信念はルールを超える」

社会って実はいろんなルールでできています
法律とか制度もそうですけども
目に見えない常識とかも含めてのルール
ただルールにも変なルールもある
一方的に弱者が押し付けられているルール
前例を守るためだけに定められているルール
世の中そんな風に出来ているんだ的なルール
今、問われているのは、そんなことに対して
なんかおかしいよって声を上げようってこと
強い信念を持ってさえいればきっと
そんな “ルール” を超えた
あるべき姿を探求できるって時代に
やっとなって来たんだってことかなぁ

「時間は心がつくり出すもの」

時間はすべての人に平等に与えられている
そして過ぎてしまったら絶対に戻ってこない
そんな最も大切な「時間」というリソース
それは自分の心が作るんですね

栄枯盛衰って言葉があります
栄えたり衰えたりを繰り返していくのが
この世の習いであり、そしてまた
この世を作っているのは人々の「意識の差」
何となく早朝のこのひとときに
プリンスの言葉を眺めながら
感じたことを書き連ねてみました

さあ、あなたはどんな日曜日ですか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。