自分自身に対しての約束が守れるかどうかで人生のすべてが決める

昨年の後半くらいから実は
いろんな言葉に振り回されてるような
いや、逆にこっちが振り回してる
ようなことが起きてる気がする(笑)

どんな言葉かというと
色々あるんですけど
「言葉の定義にこだわる」
とブログやPodcastで発信したことが
始まりだった気がします

やっぱり言葉にして発信すると
その通りになるって間違いなく
事実だということです

印象の残る例を一つご紹介します

先日でしたが実はある人から
こんなことを言われました

「自分自身に対してした約束を
 徹底して守ることが出来ること
 それも当たり前にそうあること
 それが本当の成功する人である」

他人との約束を守ることが
大事なのは当たり前で
むしろ色々な状況から
守らざるを得ない環境がある
だから他人との約束は守る

実はそれ以上に大事なのは
普段何気なく行っている
自分自身に対しての約束

みなさんは自分自身の中で
あれをやろう、こうしておこう
と思いながらも結局自分自身に
理由をつけてやらないこと
どれくらいありますか?

自分自身への約束が結局は
守られない理由の多くは
自分自身しか知らないから
または第三者に直接利害がない
ということが理由なんだと思います

ただし、そんなふうに
自分との約束を守らないことは
知らず知らずのうちに
自分自身への信用を少しずつ
失っていくんだそうです

実はそのことが自分の中の
自分への信用レベルを下げていく

自分自身への信用が低い人が
他から信用のレベルが
高くなるわけがないんです
だから自身への約束は
破ってはいけない、ということ

自分自身への約束が
確実に実行されるためには
声に出して宣言してみる
そうすることで自分への約束を
いつも守ることが出来るような
自分になることが出来る

私自身このことを学べたのは
言葉の定義にこだわると
発信したのがきっかけでした
大事なことは言葉に出す

やはりホントなんですね

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。