何故、山に登るのか、だって山があるから

おはようございます
10月最初の日曜日の朝です
そして今日は緊急事態宣言が解除になって
最初の日曜日ですがいかがお過ごしですか?

昨日は午前に来客1件来所あり打合せ
続いてクライアント先に訪問して打合せ
午後からはずっと事務所で諸々の作業
夜は毎週恒例のFBライブ
お越し頂いた皆様ありがとうございました

さて、10(とう)2(ふ)の日の次は
10(と)3(さん)ということで
10月3日は登山の日なんだそうです

思えばこれからは山登りを趣味にしようと
なんとなく思ったのは約7年前のこと
色々近くの山はいくつかいきましたが
去年と今年は元旦の筑波山以外では
全然行けていません

山登りということ頭に浮かぶのは
何故山に登るのか?
そこに山があるから」という問答

やはり頂上にたどり着いたときの
景色や達成感が山登りの魅力なんだと
まだ大した数はこなしてないんですが
そんな風に感じますね

で、この言葉について調べてみたら
そこに、山があるからだ」というのは
ジョージ・マロリー氏というイギリスの
登山家の言葉なんだそうですね

この言葉は1923年3月18日付の
ニューヨーク・タイムズの記事の中で
なぜあなたはエベレストに登りたいのですか?
との質問に対してマロリー氏が
そこにエベレストがあるからさ(Because it’s there)
という受け答えがその始まりだそうです

当時はまだエベレストには誰も
登ったことがない時代だったんですね
そんな時代にエベレスト登頂を目指していた
マロリー氏の言葉が時代を越え
国を越えて現代に伝わっているということ

いまでは言葉が一人歩きして
色々な意味を込めた使われ方をしていますが
自分の言った言葉が前向きな意味で
一人歩きして色々と使われてるってこと
マロリー氏もある意味本望かなと思います

私はどこを目指して行こうかなあ、、
目の前は色々な険しい山ばかりですが(笑)

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「何故、山に登るのか、だって山があるから」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください