小僧にではない、お金に頭をさげるのだ

おはようございます
週の二日目の火曜日の朝です
昨日は衆議院議員開票翌日でしたが
事前の調査とはかなりかけ離れた結果でした
与党が安定多数をとったことから次の解散は
4年後の衆参同日選になるのかなぁ、、

さて、ところで今から51年前の1807年11月2日は
元土佐藩の岩崎弥太郎が土佐開成社を開設した日

大河ドラマ「青天を衝け」の終盤のキーパーソン
次回以降の栄一とのやりとりが期待されます

現在の三菱のスリーダイヤモンドは
土佐藩主の山内氏の家紋であった
「土佐柏」
「丸に三つ細柏」
の図案を真似たものと言われています

この土佐開成社が後々の三菱財閥へと
発展していくことになったわけです

徒手空拳の若人が財をなすのは
国家が没落する時か復興する時である
というのは誰の言葉かは忘れましたが
しかし弥太郎こそがまさにその言葉を
体現しているんだと改めて感じますね

元々は坂本龍馬の「海援隊」で
会計を担当していた岩崎弥太郎でしたが
お金に関する才能を見事に発揮して
あっという間に三菱財閥という
巨大な組織を作り上げてしまう

——

小僧に頭を下げると思うから情けないのだ
金に頭を下げるのだ

——

というのは弥太郎の有名な言葉

こうした考え方に対して捉えて方は
様々かもしれませんが要するに
自分のプライドをどこに置くのか
ということなんだろうと思います

どんなに綺麗なことを言ったとしても
現実としてお金がないと何も出来ません
何も買えないし飯は喰えない
身近な人達を喰わせてもいけません

お金をどれだけ廻すことが出来るかが
社会的な評価の大きな要素であるのは現実
岩崎弥太郎氏のストレートな言葉は
そうした現実を端的に表現したもの
なんだと改めて感じてしまいます

まずは現実をしっかりと見つめて
今日為すべきことをしっかりと
やっていことしかないかなぁ
あなたは何に頭を下げてますか?

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「小僧にではない、お金に頭をさげるのだ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください