大河ドラマ「青天を衝け」第35話

おはようございます
また新しい一週間の始まりの月曜日の朝です
昨日は一日事務所で缶詰状態の一日の予定が
午前中に事務所に来客対応と契約の立ち合い
クライアントからの急な連絡で
近県へ向かい資料の預かり急ぎ事務所へ
夕方になり事務所に戻り英文翻訳作業と
提出書類の作成と郵送と別件の資料作成など

日曜日ということで大河ドラマ「青天を衝け」第35話

アメリカ前大統領グラントの来日に向けて
栄一、喜作、大倉喜八郎、福地源一郎は
民間人を代表して接待することになる
千代やよしらの協力を得て西洋式のマナーを習得
千代らは大隈綾子、井上武子らとの交流を図る

ドラマのあらすじに関してはこちらへ→青天を衝け公式サイト

栄一とともに接待の任に当たった大倉喜八郎
後に貿易、建設、化学、製鉄、食品などの企業を
数多く興し明治大正期の実業家として名を残しました

1837年越後国蒲原郡新発田町(現新潟県新発田市)に
喜八郎は大倉家の三男として生まれたそうです
大倉家は元は農家でしたが曾祖父の時代に
商家へと転じ祖父の代で薬種・砂糖・錦・塩などで
大きな利益を得てそこから質店を営み始めたそうです

喜八郎は青年期に江戸で修行を積むこととなりますが
その丁稚時代に安田善次郎と親交を持つようになります
その後1857年に奉公中に貯めた100両を元手に独立
乾物店大倉屋開業、1867年には鉄砲店大倉屋を開業

明治維新期になると有栖川宮熾仁親王御用達となり
奥州征討軍、台湾出兵の征討都督府陸軍用達
西南戦争で征討軍御用達、日清戦争では陸軍御用達
日露戦争の際は軍御用達とご用達商人として事業拡大

渋沢栄一とは力を合わせて東京商法会議所等の設立
その後も大倉土木組(現・大成建設)の設立
鹿鳴館、帝国ホテル、帝国劇場などを設立
その他現在も残る多くの企業の設立に関与しました

こうした経歴を見る限りその功績は
大河ドラマの主人公をやれる位かもしれません
ドラマで出てくる大倉喜八郎はどちらかというと
スマートな感じですがこうした功績を見るかぎり
実際はもっと岩崎弥太郎に近いイメージかもなぁ

という訳で
今日も一日がんばって行きましょう!

「大河ドラマ「青天を衝け」第35話」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください