御用納めと仕事納め

おはようございます
今年最後の火曜日の朝
世間的にはいわゆる御用納めです

カレンダーをみると昨年は政府からの
年末年始休業延長の要請があったことから
ちょっと長めの年末年始休業でしたが
今年はいつも通り今日が今年最後の営業

昨日は朝一で品川の東京入管へ
午後には地元に戻り法務局、銀行や郵便局など
夕方から事務所にて作業

御用納めの今日は毎年同じ話題ですけど
今年も昨年と同様の話題に触れてみます

一年間の締めくくりとして
その年のすべての業務を終えることを

仕事納め
御用納め

というような呼び方をします
この時期になると色々なところで
解説されていたりまた何となくでも
その違いは想像はつくかと思いますが

仕事納め」とは
一年間の締めくくりとして
その年のすべての業務を終えること

一方で「御用納め」というのは
江戸時代の幕府や藩などの用命や
宮中や官庁の公務のことを
御用」と言っていたのが由来なんだとか

時代劇などでよく
御用だ、御用だ」と言っている場面を
見ますが要するにあれのことですね

そこから主に官公庁など公務に関して
その年の最後の公務を「御用納め」と
言うのが正式な意味なんだそうです

官公庁では12月29日から1月3日までは
行政機関の休日に関する法律」によって
休日とするよう実は定められているんです
それにならって民間企業の多くも
その期間を休日にすることが多いということ

金融機関は私が以前勤務していた頃は
大晦日まで普通に営業していました
今では大晦日は休日になっていますね

みなさんのお仕事はいつが仕事納めですか?
やはり例年通り明日からが休業が多いのか
それとも今年もちょっと早めに休業に
してしまったところが多いのでしょうか

ただ業種によっては寧ろ世間が
休みの日こそが忙しくなる業態もあるので
そういう方々は頑張ってください

私は年末年始の予定については
元旦の恒例行事以外は全くの未定
一年の振り返りと新しい一年の準備で
いつもと同じように過ごすかなぁ

さあ、あなたはどんな仕事納めになりますか?

ということで
今日も一日頑張っていきましょう!

「御用納めと仕事納め」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください