やろうと思った人と何もやらない人の違いとは?

おはようございます
週の真ん中、水曜日の朝です

昨日は一日中事務所で作業
日中には来客対応一件

今回の話題も自分への戒めとして
最近は年に一回触れている内容です

やろうと思った人」と「何もやらない人
って、何が違うのか、どう違うのかご存知ですか?

今日は、ある本の内容から
一部ご紹介させていただきますね

ーーーーーー
以下引用

5羽のカモメが防波堤にとまっている。
そのうちの1羽が飛び立つことを決意した。
残っているのは何羽だい?

・・・・・4羽です。

そうじゃない。
5羽だよ。

いいかい?

誤解されがちだが、
決意そのものには何の力もないんだ。
そのカモメは飛び立つことを決意したが、
翼を広げて空を舞うまでは
防波堤にとまったまま。
残りのカモメとどこも違わない。

ここまで
ーーーーー

私は、何かをやろうと思うこと自体にも
価値があるんだと思っていました
少なくとも何も考えていないよりは
大きく違うんだって思ってました

でも違うようです
同じなんです
やろうと思うこととやらないこと

ここからまた続きがあります

ーーーーー
以下引用

人間だって同じだよ。
何かをしようと決意した人と
そんなこと考えてもいない人とでは
何の違いもないんだ。

ところが人は、
他人のことは行動で判断するのに、
自分のことは決意で判断することがよくある。

しかし、
行動を伴わない決意は、
期待してくれている人に対する
裏切りでしかない。

以上引用:「希望をはこぶ人」
アンディ・アンドルーズ 著
ーーーー

行動を伴わない決意は裏切り
かなりきつい言葉ですよね
でもよく考えてみればその通りかもしれません

やろうと思ったことと何もやらないこととは
実は全く同じで何の違いもないんです
そうかもしれませんね

-何でやってないんだ?
-いや、やろうと思ってたんですよ

他人に対しては行動の結果を求めてしまう
しかし自分自身は判断だけで止まってしまう
振り返ってみると、思いつくことだらけです

何かを指摘されて「今そう思ってたのに」
と思わずむっとしてしまうことありませんか?
しかし飛び立とうと決意しただけでは
ほかのカモメとまだ同じなんです

成長を創り上げ、成果を生み出すのは
思うか思わないか?ではなく
やるかやらないか?なんです

やろうと思った人と何もやらない人
そこには何の違いもないというお話
ちょっと考えさせられました

さあ、あなたはおもうだけでなくて
きちんと飛び立ててますか?

というわけで
今日も一日頑張っていきましょう!

—————————–

経済産業省事業復活支援金案内ページ
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/

事業復活支援金事務局ページ
https://jigyou-fukkatsu.go.jp/

事業復活支援金の詳細について
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/pdf/summary.pdf

「やろうと思った人と何もやらない人の違いとは?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください