ネコは人間を大きな不器用なネコだと思っている

おはようございます
週の真ん中水曜日の朝です

昨日は朝から外国人技能実習生の
法的保護講習のために近隣の某所へ
今月は2件目の講習です
終了後はそのまま事務所へもどり作業
来客対応や電話連絡など数件

さて、今日は久しぶりにネコの話題

ブリストル大学でネコの行動を研究している
ジョン・ブラッドショーによると飼いネコは
本当の意味で 人間を理解していないらしいです

以下以前見たネット記事からの要約抜粋です

————–

ネコと人間の関係では、
ネコは人間を異なる存在ととらえていない

人間が自分たちより大きいことは
はっきりわかっているようだが、
だからと言って態度を変えているわけではなく
尻尾を立てる、脚にまとわり付く、
隣に座る、体をなめるといった行動は、
ネコ同士で行っていることと全く同じ

人間に対するネコの行動は
ほかのネコに対する行動と
区別がなくむしろネコはわれわれを
不器用な大きなネコだと思っている

ネコがわれわれをバカだと
思っていることはおそらくない
何故ならネコは自分より劣ったネコには
すり寄らない性格のため

ネコは特定の音を立てたとき、
飼い主がどう反応するかをはっきり覚えていて、
もしネコが“飼い主を別の部屋から呼びたい”
と思ったとしたら、声を出すのは効果的で、
ネコはそれを直接的に学習する

ネコはすでに身につけている
行動を使って人間と
コミュニケーションをとっている

不安や害を与えられていることに気付くと、
ネコはその相手を避けるようになる

ネコはイヌほど社交的ではない

————–

微妙に思い当たる部分もあるような気もします
うちの飼い猫はわたしを害敵だと認識している
どうやったら誤解を解けるのだろうか(笑)

今日も朝から暑い一日になりそうな空気です
体調に気をつけてお過ごしください

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「ネコは人間を大きな不器用なネコだと思っている」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください