ワールドカップ第1回は13ヶ国だった

おはようございます
週の真ん中水曜日の朝です

昨日は早朝からちょっと遠出
1都2県を跨ぎ官公庁やクライアント先など
正味6ヶ所を廻って申請や打合せなど
夕方戻って残務整理と来客対応など

さて今から92年前の1930年7月13日は
第1回FIFAワールドカップ
ウルグアイで開会された日だそうです

大会は1930年7月13日から7月30日にかけて
13ヶ国が出場して開催されたそうで、参加国は

ウルグアイ
ブラジル
アルゼンチン
チリ
パラグアイ
ペルー
ボリビア
フランス
ユーゴスラビア
ベルギー
ルーマニア
メキシコ
アメリカ合衆国

で決勝はウルグアイ対アルゼンチン
開催国ウルグアイが初代優勝国となりました

第1回大会はその後の大会とは異なり
出場権を賭けて地区予選は行われずに
全てのチームは招待されての参加だったようです

開催地までは当時は多く国が船での長旅となり
ヨーロッパのチームはほとんどが出場を辞退
また開催2ヶ月前の時点でユーラシア大陸からも
参加チームは1つもなかったそうです

当時のFIFAの会長であったジュール・リメ氏が
参加を強く呼びかけた結果、とりあえず
ベルギー、フランス、ルーマニア、ユーゴスラビア
フランスの同盟国であった4カ国が参加に至りました

因みに日本も招待されていたようですが
大日本蹴球協会(日本サッカー協会)
当時の日本国内が昭和金融恐慌以来慢性的な不況
であったのに加えて、同年の昭和恐慌発生で
さらに経済状態が悪化していたことと
また、大日本蹴球協会自身も財政難であった
といった事情から不参加を決断したようです

FIFAワールドカップカタール2022
2022/11/21(月)から2022/12/18(日)まで
開会まであと4ヵ月です

という訳で
今日も一日頑張って行きましょう!

「ワールドカップ第1回は13ヶ国だった」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください