当たり前であることは当たり前ではない

おはようございます
9月も中盤へとはいりつつある土曜日の朝

昨日は朝一から資料の準備をして水戸へ
運輸支局、入管、法務局、県税事務所を廻り
申請書の提出やら証明書類の取得やら
続いて某市でクライアント先に寄ってから
今回新たに業務拡大した海事関係の業務で
地元近くの海事事務所にて打合せ
事務所に戻り来客対応ののちに届いた
在留資格認定証明書を届けにクライアント先へ
それから事務所に戻って諸々の作業

今日は、毎年この日には恒例の話題

今から62年前の1960年の9月10日は
NHK(東京・大阪)と日本テレビ
ラジオ東京テレビ(現:TBSテレビ)
読売テレビ・朝日放送(現:朝日放送テレビ)
の5局でカラーテレビの放送が開始されました

そのことにちなんで今日はカラーテレビの日

白黒テレビが放送開始したのが1953年だそうで
カラー化になるまで7年もかかったことになりますが
しかしこの時代にとってそれは偉業であり
カラーテレビを見た人は感動は大きかったでしょう

生まれた時には既にカラーテレビ
当たり前だった世代からすると
カラーテレビで感動するのって
ピンと来ないですけども当たり前って
実はこんな感じなんだろうと思います

それから62年後の今では携帯電話で
テレビや映画も観ることが出来るようになり
今ではそれが当たり前になっている

さらにオンデマンドで昔のドラマも
色々なアーチストのライブも
いつでもどこでも普通に当たり前に
視聴することは可能となっています

当たり前の基準も時代によっても
世代によってもまたその人の立場や状況でも
当然ながら大きく変わっていきます

だからこそ忘れてはならないことは
当たり前であることを、当たり前
思わないことなのかもしれません

当たり前だと思っていることも
実はそこに到るまでには色々なことがあり
色々な人の色々な思いがあって今がある

それを当たり前の一言で片付けてしまうと
大事なものを見失ってしまう危険がある

常に何事に対しても当たり前と思うだけでなく
なぜここにあるのかとかどういう経緯で
いまここに存在しているのか、とか
そういうことに、時には一歩立ち止まって
思いを巡らす瞬間も必要なのかもしれません

今はスマホひとつあればいつでもどこでも
何・どこ・誰が・いつ・何故」と
疑問に感じたことの答えは出てくる

だからこそ当たり前当たり前と思わない
そうした心がけをして行きたいと思います

ということで
今日も一日頑張っていきましょう!

「当たり前であることは当たり前ではない」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください