世界一の手帳術、バレットジャーナルって?

先日の事ですが通りがかりの
セブンイレブンの書棚にあった一冊

世界一の手帳術 バレットジャーナル入門 (TJMOOK)

アメリカで発祥したスケジュール・タスク管理システム
なんだ、また誰かがプロデュースした新しい手帳の商品
なのかなあと思ったらそうではないようなんです

バレットジャーナルとは
アナログな手帳のことなんですが
普通の手帳とは違うところは
「バレットジャーナル」という手帳が
お店に売っているのではなくて
自分の好きなノートとペンを用意して
そこに自分の好きなことを書き記していく
というやり方で作っていく手帳のこと

だそうです・・・・

普通に手帳といえば、カレンダーや予定表
あと人によっては目標とかTO DOリスト
その日の行動などの手帳によくある内容を
その手帳のレイアウトに合わせて
メモとか備忘録として書くものですが

パレットジャーナルは白紙のノートに
自由に独自のレイアウトを書いて
普通の手帳として使いながら
読みたい本リストとか仕事のアイデアや
思いつきインスピレーションのメモとか
献立表とか10年後の夢とか。。。

とにかく思いついたこと書きたいことを
自由な表現で自由に書いていく手帳

なんだそうです、、、

このバレットジャーナルっていうのは
アメリカのデジタルプロダクトデザイナー
Ryder Carrollさんという方が2013年に
webで公開したのが始まりのようです

公式サイトもあるようなのでご参照を
バレットジャーナル公式サイト
http://bulletjournal.com/

私も先日初めて見たばっかりで
まだ聞きかじったばかりなんですけど
100均で買った方眼ノートで
始められるみたいなのでちょっと
真似してみようかなと思います

自分に合うかどうか試してみます(笑)

うまくご紹介できているかどうか
分かりませんけども、もしも
ちょっとでも興味をもった方は
公式サイトやネット情報も
たくさんあるみたいなので
そちらを参考にしてみてください

さあ、バレットジャーナルで
人生をちょっと変えてみませんか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。