「星野君の二塁打」をどう読めばいいか?

夏の全国高校野球大会が熱戦を繰り広げています
今年は100回記念大会ということで
出場校数もいつもよりも多いようですね

野球の話題でふと思い出したことですが
むかし、道徳の教科書に出ていた
「星野君の二塁打」
という物語を覚えていますか?
今も教科書にも出ているのかなぁ

物語の要旨は次のようなものでした

———————–

選手権大会出場をかけた決勝戦
同点で迎えた最終回に打席に立つ星野君
先頭打者がヒットで出塁し監督からのサインは
「先頭打者をバントで二塁に送れ」

バッターボックスに入った星野君でしたが
その日は調子がよく絶対に打てる自信があった
考えた末星野君はバントではなくヒッティング
そして見事二塁打を打ちこの一撃が
勝利を決定的にして星野君のチームは
選手権大会への出場を決めた

しかし試合後の監督は選手たちに言ったこと
「監督のサインに従うことはルールだ
バントのサインを無視した星野君は
チームの統制を乱したことになる
 いくら結果が良かったからといって
 チームの統制を乱すことは許されない
 今度の大会で星野君の出場を禁止する」

星野君はじっと涙をこらえていた

——————————————-

細かい描写は端折ってしまいましたが
要旨は概ねこういう内容だったと思います

監督のサインは絶対である、だから従うべき
目的は勝利であるのだから臨機応変に対処する

さあ、どう考えるべきなんでしょうか?
ちなみにネット検索で出てきた
この題材に関する指導要領によると

—————————–

「約束や規則の尊重」
監督の話を聞いている時の星野君の気持ちを
考えることを通してきまりや規則を守ることで
安心して生活できてみんなで楽しく
暮らしていけることに気づき
自分たちで決めたきまりは
進んで守ろうとする態度を育てる

—————————–

だそうです
まぁ解釈は色々でしょうけど
指導したい内容はいいとしても
その題材としてはちょっと違うかなぁ、、

ならばルールを守らないことで
表向きは上手く行ったようでも
実は周りに迷惑をかけてしまっていて
それを知って反省したという流れの
話しにした方がいいのではと思います

あの場面でその日の自分のコンディションを
きちんと判断して結果を残したことは
星野君は評価に値するかなぁと思います

監督の指示は絶対である的な指導は
結果として最近あったあのケースを連想して
今の話題としては適切じゃない気がしますね

このチームがまず基本から叩き込むチームか
ある程度の実力があるチームかで違うけど
少なくとも上の大会への出場を目指す
レベルのチームであれば実力はあるチーム

であるならばむしろ監督は選手の適正を
しっかりと理解したチームづくりを行うべき
もっと状況判断は選手に委ねるべきでは

と考えてしまう私はきっと道徳では
いい成績はつかないんだろうなぁ

さあ、あなたは星野君をどう評価しますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。