人間は4段階の過程で成長する

おはようございます
またまたやってきました日曜日の朝です

昨日は一日某所で研修会に参加
とりあえずしばらくは
大体週一のペースでお勉強の一日(笑)

何歳になっても学問は一日にしてならず
まあ、ちょっとづつでも成長して
いければいいのかなあと思います

ところで人が物事を習得するには
4段階の過程を経て成長をしていきます

それは次の段階

無意識無能意識無能意識有能無意識有能

なんか暗号のような言葉の羅列ですが

1番目の無意識無能とは
出来ない状態であることすら知らない状態
例えて言えば、子供が自転車の存在すら知らないので
乗れないし、それ以前に乗りたいとも思っていない状態

2番目の意識無能とは
出来ないという状態であることを知っている状態
身近な友達が自転車にが乗り始めて
自分も乗ってみたいと思うけど乗り方が分からない状態

3番目の意識有能とは
意識することによって出来る状態
両親に自転車を買ってもらい、何度も練習して頑張って
注意しながら乗っていれば乗ることができたという状態

4番目の無意識有能とは
意識していなくても出来てしまっている状態
特に何も考えなくてもスイスイと自転車に乗れる状態

人間にとって脳が心地よい状態というのは
何も意識しないでいられる状態の1番目と4番目

逆に2番目と3番目は意識をしなくてならないので
脳にとっては心地よくない状態であって
脳はこの状態を回避しよう回避しようとします

成長の到達点である4番目になるには
この苦痛である2番目と3番目を
乗る超える必要があるということになるわけです

この2番目と3番目を乗り越えることを
努力であるとか修練といった言葉で表現され
結果4番目に到達することを成功と呼びます

この考え方で行けば2番目と3番目にある
脳が苦痛である状態をいかに乗り越えるかが
4番目の成功へと進むポイントと言えます

ということでちょっと長くなったので
続きはまたの機会へ

ということで今日も一にがんばって行きましょう!

「人間は4段階の過程で成長する」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください