人はなぜやる気をなくしてしまうのか?

おはようございます
はやっ、て感じの金曜日の朝です
今週は祝日を挟んだから余計にそうかも

昨日は朝一で品川の東京入管へ
待ち時間が異常に長く結局午後跨ぎ
夕方近くに事務所にもどり諸々作業

さて今回はたまに触れている論点ですが
改めてまた見ていこうと思います

仕事や趣味など何事であれ
一番そのパワーを発揮する瞬間とは
集中力がマックスな瞬間だと思います

集中力がマックスな瞬間とはおそらく
脳がやる気に溢れている瞬間とも言えます
やる気とはモチベーションとも表現されます

わたしはどちらかといえば普段から
モチベーションを意識しているつもりでいます

どのように意識して維持しているかというと
あらためて考えると分かりやすく表現するのは
意外と難しいのですが、逆から考えて

モチベーションが下がるときはどんな時か?
という視点から捉えて、ではそこから

下がらないようにするにはどうしたらよいか?

下がってしまった時にはどうやって上げるか?

を考えて自分に合った対応策をもつようにする
そしてその状況にあわせて対応策を実践していく

モチベーションが下がってしまうと
仕事への熱意が薄れ、仕事の効率も下がってしまう
そんなときはミスも生みやすい環境になってしまう

また、周囲に対してもマイナスオーラを振り撒いて
周りの人達の気分にも多大なる悪影響を与えてしまう

そこであらためて自分を振り返ってみて
今、やる気落ちてるなぁと
思った時の状況を分析してみると

大体、大きな分類として私のモチベーション
落ちるのは次の5パターンかなぁって感じです

①疲れ果てたとき

②身近な人や上の立場の人の理不尽な態度

③とんでもない厚くて高い壁

④全然成果が出ない、努力が報われない

⑤なんとなく、、

細かく書き出したらめちゃ長くなりそうなのと

こういう分析してたら
モチベーション下がりそうなので(笑)
一旦中断します(笑)

続きは次回

ということで
今日も一日頑張っていきましょう!

 

「人はなぜやる気をなくしてしまうのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください