【考察】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第20回

おはようございます
新しい1週間の始まりの月曜日の朝
5月も今日から終盤戦に突入

昨日も一日中事務所で引き篭もりで作業
いつも通りの日曜日の過ごし方(笑)
日中に外国人の方からの問い合わせ1件

さて大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第20回

奥州へ逃れた源義経は奥州の藤原秀衡から
暖かく迎え入れられるもその秀衡は死去
頼朝の命により義時は奥州平泉に向かうが
国衡泰衡の不仲に付け込み奥州をかく乱する
囚われた静御前のことを義時から聞いた義経
自らに迫る運命を悟りある行動に出るが。。。。

ドラマのあらすじに関してはこちらへ→鎌倉殿の13人公式サイト

久しぶりに善児が登場し誰が犠牲になるかと思えば。。。

京から奥州平泉へ向かう行程
勧進帳のくだりはどう描かれるのか
ひそかに期待していたんですが
そのあたりのストーリーは思いっきり
端折られてオープニングから奥州平泉でした

思えば今回のドラマでは義経の手勢は
途中から武蔵坊弁慶だけしか出てこない(笑)

義経の従者として講談などで語られるのは
源義経19臣」と言われる家臣団で
武蔵坊弁慶、常陸坊海尊、佐藤継信、佐藤忠信、鎌田藤太
鎌田藤次、伊勢三郎、駿河次郎、亀井六郎、片岡八郎
鈴木三郎、熊井太郎、鷲尾三郎、御厨喜三太、江田源次
江田源三、堀弥太郎、赤井十郎、黒井五郎

中でもこの中の何人かは義経四天王と呼ばれ
これまでの義経が主人公のドラマでは
それなりに個性のあるキャラクター設定が
なされていましたが今回はその辺はカット

勧進帳弁慶仁王立ちといった定番シーンも
あえて表現しない描き方をしたのかもしれませんが
そのうちどっかでその辺の制作意図が語られるのかも

もう一つ今回の見せ場であったシーンが
静御前が頼朝の前で舞を披露する場面

舞の中で歌った歌の内容が

————-

吉野山 峰の白雪 ふみわけて
入りにし人の 跡ぞ恋しき

しづやしづ しづのをだまき くり返し
昔を今に なすよしもがな

吉野山の白雪を踏み分けて山深く
お入りになってしまった義経様が恋しい

静、静と繰り返し私の名を呼んだ
あの人の輝かしかった頃にもう一度戻りたい

————

といった内容で、これを聞いた頼朝は激怒した
と言われていますが北条政子
「私が御前だったとしてもあのように舞ったでしょう」
と言ってとりなしたのだと伝えられているそうです

思いのほかあっさりと終わってしまった義経のくだり
平家滅亡の次は奥州藤原氏を滅亡に追い込み
鎌倉幕府は安定政権へと移って行きますが
まだまだ波乱は続いていきそうな展開

それはそうと、八重が面倒を見る子供の数が
回を追うごとに多くなっているのが気になります
あの子供の数は今後の展開へ向けての
何かの伏線になっているのだろうか?

という訳で
今日も一日頑張って行きましょう!

—————————–

経済産業省事業復活支援金案内ページ
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/

事業復活支援金事務局ページ
https://jigyou-fukkatsu.go.jp/

事業復活支援金の詳細について
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/pdf/summary.pdf

「【考察】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第20回」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください