なぜ、犬はしっぽを振るのか?

おはようございます
今週もあっという間にやってきました
金曜日の朝です、今月もあと3日です

昨日は朝一から地元団体の事業で
市内の某施設で作業のお手伝い
合間に事務所へ戻り諸々の作業
午後から来客1件対応
夕方にも来客1件対応

さて、今日は朝から犬の話題
なぜがこの時期に同じ話題にふれます

犬の感情表現で象徴的なのは
しっぽを振るという動き

しっぽを振って来たとか
しっぽを振った犬、みたいに

と会話にも使われますが

犬がしっぽを振るのは、
喜んでいたりうれしさの表現
であると普通はいわれていますが、
実は少し違う場合もあるらしい

正確には犬がしっぽを振るのは、
目の前に現れたものに対して
関心が高まっているという意味

確かに飼い主や顔見知りの人が
近づいて来たときには、
喜びを表現している場合もありますが
見知らぬ人や不審者が近づいてきて、
本心では警戒している場合であっても
しっぽを振るということがあるそうです

こちらの方を見て
しっぽを振っているからと言って
「あっ!なんか喜んでいるようだ。」
と思って近づくとガブリと
噛まれてしまうこともよくあるそうで

しっぽを振っているからといって、
無防備に近づくと
危険な目にあうかもしれません

実は犬を観察すると、
耳をぴんと立てて体重を前足にかけ、
しっぽをぴんと立てて振っている時は、
警戒している証拠なんです

しっぽをだけを見て判断せずに
全体を把握して犬の本心を正確に
理解することが大事なんですね

これはあらゆるものごとに
通じることかもしれませんね

目に見える分かり易い部分だけで
安易にものごとを判断をすると
自分の予想外の結果を招いてしまう

そうならないためにも
正確な事実を汲み取る姿勢を
忘れないようにしないといけませんね
何事も意識して気をつけて対応したいです

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「なぜ、犬はしっぽを振るのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください