今日は国際左利きの日、左利きは何故1割しかいないのか?

おはようございます
8月2回目の土曜日の朝です
で、おそらく今日から世間はお盆休み

昨日は朝一で東京品川の某官公庁へ
申請書類の提出ののちクライアント先へ
それから移動して午後からは千葉県内某所の
クライアントへ向かい打合せ
それから事務所へもどり申請書類作成など

さて今日8月13日は「国際左利きの日
とされているんだそうです
なんじゃいその日はって感じですが

イギリスの団体「Left-Handers Club」が
この提唱者の誕生日にちなんで
8月13日をこの記念日を制定したそうです

特に学校教育などでは教室の窓は左側の設計で
日光がノートを書く手元を遮らないことや
字の書き順や使用する道具などが世界的にも
右利きが前提となってつくられていることから

左利きの人たちにも優しい生活環境を…!

といった趣旨から提唱された記念日なんだとか

因みに日本では「レ(0)フ(2)ト(10)」の
語呂合わせにちなんで2月10日が
左利きの日」「左利きグッズの日
としているようです

日本だけでなく世界的に見ても
右利きの人が多いそうでその割合は
右利きの人が90%左利きの人が10%
なんだと言われているそうですね

2020年時点での世界の人口は約76億人で
その90%である約68億人もの人が右利き
という計算になるわけですが、この割合は
原始時代の昔から変わっていないそうです

よく考えてみたら左利きの人は
クラスで5人はいなかったような気がしますが
なぜ世の中のほとんどが右利きなんでしょう

実はこのことについてはきちんとした理由は
解明されていないようですね
ただ現在言われている説はいくつかあって
代表的なものとしては

利き手がしっかり決まってくるのが
だいたい3〜4歳くらいでそれまでの生活習慣から
右手を使うことが多かった子は右利きに
左手を使うことが多かった子は左利きに
なるという環境によって決まるという説

母体の胎内での成長過程や出産時に
左脳を圧迫する何らかの事態が起こり左脳を
補おうとして右脳が活発になるという説

遺伝によって作られているという説

右利きの戦士は右手に武器左に盾を持って戦い
左利きの戦士はその逆となり左半身にある心臓を
危険にさらし致命傷を負う確率が高くなるため
結果的に右利きの人間が多く生き残ったという説

などなどまだ他にも色々と説があり
結局はどの説が有力かわからないようです

左利きで損だったか、得したかと言われると
何やるのも少数派なんで不便と言えば不便
得したことはほとんど意識にはありません(笑)

まぁ、しかしこれも個性のひとつなので
損得ではなく、こんなもんかなぁって感じです

今日から世間ではお盆に入ります
台風のニュースも気になりますが
お気をつけてお過ごしください

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「今日は国際左利きの日、左利きは何故1割しかいないのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください