なぜ8月31日が「I Love Youの日」なのか?

おはようございます
週の真ん中水曜日の朝です

昨日は朝一から県内だけど
ちょっと遠くの場所で申請案件の調査
お昼を跨いで午後からは県内の官公庁を
3件ほど回って証明書類の取得
夕方になって事務所に戻り書類作成など

さて今日は8月最後の日
夏休み最後の日というイメージですが
やっぱ今も今日が夏休みラストなのかなぁ

といったイメージとはまったく違いますが
もうひとつ今日8月31日

I love youの日

なんだそうです
夏目漱石は”I love you”を「月が綺麗ですね
と訳したという逸話があるそうですが

えっ、なんで8月31日がこの日なの?
というとこれは英語圏の国で使われている隠語で

その意味は、この言葉が
8つの文字(I,L,O,V,E,Y,O,Uで8つ)
3つの単語(I,LOVE,YOUで3つ)
1つの意味(I LOVE YOUで一つ)

ということから831という数字が

831 = I Love You

それ以外の言語圏では使われてないみたいです
ということで日本ではあまり馴染みはないかも

I LOVE YOUの同様の隠語としては
「143」
(I=1文字、Love=4文字、You=3文字)
というのも同じような意味で使われているようです

数字を使った隠語で日本で使われているものだと
「8」→末広がり
「1122」→いい夫婦
「4649」→ヨロシク
なんかが思い当たるものかもしれませんが

数字を使った隠語のようなものと言えば
インターネット上でアクセスしたページが無いとき
「ページが見つかりませんでした」という文章に
「404」という数字が出てきます

これ自体はサーバーからの
「HTTPステータスコード」と言われるもので
一応決められたルール上の表示なんですが

ここから派生して「404」という数字を
無い、無くした、知識がない、という意味で
使われたりすることもあるまたいですね

数字を使った隠語って
実は探せばもっと色々あるかもしれません

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「なぜ8月31日が「I Love Youの日」なのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください